スキンタッグは首とか、首周りに沢山出来るできものですが
遺伝性があるのでしょうか?

出来やすい人と、出来にくい人がいるのかを調べてみました。

■スキンタッグは遺伝性があるのか?

スキンタッグは老人性イボとも呼ばれる良性の腫瘍で、イボと
言われながらもウイルス性では無いものです。

イボのようでイボではない出来物なんですが……これって遺伝性が
あるんですかね?

えー、遺伝性は……あるんですよ。
親とか、じいちゃん、ばあちゃんにスキンタッグが出来ていると
その血筋であるあなたもかなりの確率でなります。

例えば、あなたのおばあちゃんに子供の頃に肩たたきをしていたら
あれ?首や、背中にブツブツと出来物ができていたなーという
経験があると、イボが出来やすい家系という事になりますね。

イボは病院で取り除けますし、悪いものでは無いので遺伝が
分かったからといって悲観する必要はありませんよ。

ただ他の人よりもスキンタッグになりやすいので、若い時から
肌が元気な状態をキープ出来れば、最初からスキンタッグを
防ぐことが出来ますよ。

自分の体の事を正しく理解していれば、解決策はいくらでもあるので
悲しむことなんかないし、努力していれば普通の人よりもイボを防げて
キレイな状態を保てます。

もしも遺伝が近くの家族に確認できなくても、喜べませんよ。
何も努力しなければスキンタッグは、肌の状態が悪くなると出来るので
それなりに努力しないと普通の人でもスキンタッグが出来ますよ。

■イボの遺伝がある人が気をつける事

イボの遺伝が確認できたら、若い時から首のスキンケアに気をつけていると
予防することができるんですよ。

スキンタッグは、老人性イボと呼ばれていて肌の水分が少なくなり
乾燥して新陳代謝が悪くなると出来やすくなるといわれています。

つまりいつも保湿して肌の潤いを保っていれば、防げますし
日焼け止めなどを上手に使って肌のストレスを少なくして
いつまでも美しい首筋を保つように努力すればいいのです。

紫外線は肌に対してとても害があるので、年中関係なくいつでも
日焼け止めを使うように心掛けるといいですよ。

特に2月、3月の紫外線は最も強いと言われているので雪が降っても
この季節の紫外線はよくないと覚えておいてほしいです。

何もしなければ遺伝の通りの体質になるかもしれませんが、普段から
毎日のように顔に化粧水をつける時に一緒にイボが出来やすい首とか、
わきの下とか、おなかの部分に持つけるようにするといいですね。

体専用のボディークリームも、今は種類が豊富なので好きな香りのものとか
好きなメーカーのものを選んで楽しんでつけるといいと思います。

洋服のこすれもスキンタッグの大きな原因になるので、女性の場合は
サイズがきちんと合っていないブラジャーを付けると擦れが酷くて
スキンタッグのできやすい環境になるので要注意です。

自分の体にきちんと合った下着を身につけて、体に与えるストレスを
極力少なくするのが予防になるんです。